ご入会案内(電気管理技術者求人)

電気管理技術者の仕事内容

お客さまの設備を安全に維持・管理するために、誠実・正確な点検体制で保安管理を行います。

月次点検

自家用電気工作物にあっては毎月1回以上の点検を実施し、その結果をお客さまにお知らせします。
(ただし、非常用発電機を付帯しない64kVA未満の小規模需要設備については年4回以上、経済産業省規程の設備基準に該当するものについては2カ月に1回以上)

仕事内容堺01古川さん

年次点検

原則として毎年1回以上、受変電設備を停電しての年次点検、受電設備内掃除などを行い、その結果をお客さまにお知らせします。

緊急応動

絶縁監視装置からの異常通報または、お客さまからの応動要請があった際に対応します。

その他

竣工検査、改修工事立会い、官庁検査の立会い、必要に応じて精密点検、 事故発生時の応急措置および波及事故などでの、産業保安監督部への報告書作成などを行います。

電気点検簿(点検簿の電子化)

電気点検簿とは、従来は紙に手書きしていた点検簿をタブレット端末で入力する電子化した点検簿です。2019年4月より順次導入しています。

電気点検簿(点検簿の電子化)

お客さま側のメリット

保安点検に関する書類をペーパーレス化することで、省スペースを実現。過去の点検結果などを確認する際、誰でも簡単にデータにアクセスでき、書類を探す手間が省けます。また、現場での気付きを写真撮影し、お客さまのデータと紐づけて保存しているため、詳細情報を電気管理技術者の間で共有できます。急な担当変更があった場合なども、安心して点検業務を任せられます。
点検簿は、お客さま専用ページ(マイページ)に登録していただくと、いつでも確認できます。

点検簿の電子化のメリット・お客さま側

技術者側のメリット

  • 簡単な操作操作方法はシンプルで、紙と変わらない感覚で点検報告書の作成ができます。
  • 作業を標準化技術者変更が生じても同じ品質の点検報告書を作成できます。
  • らくらく見積もり見積り種別、日時などの入力で見積りを簡単に自動作成できます。
  • スケジュール表担当事業場の住所や前回点検日などの並び替えができ、効率化が図れます。
  • スキャニング不要作成した報告書は自動保存されるので、営業所でのスキャニングは不要です。
点検簿の電子化のメリット・技術者側