定年後も生き生きと働くことが自分の人生を輝かせる

入会したきっかけを教えてください
沼津松原義三さん
都市ガス会社で働いていましたが、電気の知識も必要だったので、電験3種の資格を取りました。定年退職した後は別の仕事をしていましたが、インターネットで「電気技術者募集」という広告を見つけ、資格を活かせると思い応募しました。 自宅から最寄りの日本テクノ沼津営業所で業務内容やシステムの説明を受け、自分に合った仕事だと感じ入会しました。
どのようなペースでお仕事をされていますか

入会してまだ4ヵ月なので、今担当しているお客さまは30件ほどと少な目です。基本的に月次点検は隔月で行うため、今のところ月に8日くらいで、1日に2~3件を巡回するようなペースで業務に取り組んでいます。今後は年次点検を 行っていきます。こちらは1日1件のペースで進めます。月に3件くらい年次点検を行えば、1年ですべてのお客さまの点検ができます。点検業務に習熟するまでは、しばらくこのペースで活動しようと思っています。

お仕事されるうえで、心がけていることはなんですか
都市ガスも電気もエネルギーの供給事業。エネルギーは産業活動の基盤ですから「いつでも安定して使える」ことが最も重要です。そういう意味では、私の意識に変化はありません。お客さまにとって、いつでも電気が使えることは“当たり前”なので、受電設備が常に正常に機能するよう機器の隅々まで目を配りたいと思っています。
入会した感想をお聞かせください
この仕事は電気主任技術者の資格を保有していれば、年齢制限がありません。ですから69歳の私でも“現役”として働くことができ、社会と関わり合えます。何より「自分も社会に貢献できている」と実感できることが入会して良かった点です。
友人のなかには完全に引退して趣味に没頭している人もいます。それも1つの人生ですが、私は仕事もしている時の方が、趣味も楽しく感じます。そういった点では入会して悪かった点はありません。
休日の過ごし方はどうされていますか

この夏20年ぶりに狩野川に行き、昔やっていた鮎の友釣りをしました。また、ゴルフのシニアコンペに、月1回参加しています。仕事も趣味も体力を使いますので、歳相応の運動量になるようバランスを取っています。スペシャルイベントとして、12月には仲間とタイで1週間ほどゴルフ合宿を行います。この時は若者と同じような気持ちで思い切り楽しみます。

これから入会される方へ

70歳を目前に控えた私も“現役の技術者”として活躍しています。働いている時は自分が輝いているように感じるのです。 個人的に最近は「働ける限りは働いた方がよい」と感じます。ですから体力が続く限り、この仕事を続けていこうと思っています。
もしみなさんが電気主任技術者の資格を持っているのであれば、入会をお勧めします。 専門知識を活かして働くことが、最終的に自分の人生を輝かすことになると思っています。

ページトップへ
このページを閉じる