入会したきっかけを教えてください

前の会社を早期退職して1年くらいは充電しようとしていたのですが、半年くらい経った時点で、女房から「そろそろ体を動かし始めたら?」と言われて仕事を探し始めました。その時、たまたま新聞を読んでいたら日本テクノ協力会の求人広告が出ていて、その住所も相模原と近かったので応募をしました。実際、日本テクノの事は当時良く分からなかったし、他の協会も求人広告も出ていたのですが、何となく日本テクノだけに応募しました。縁があったんでしょうね。

どれくらいのペースでお仕事をされていますか

自分が担当しているお客さまの数は現状71件です。月次点検は雨が降って点検出来ない事があるとまずいので、なるべく月初から集中して行い、毎月20日前後には終わらせるようにしています。月の後半は基本的に月次点検の予備日として、平日に実施できる年次点検などを行っています。年次点検の報告書なども前年のデータがパソコンに入っているので、その微調整だけであまり作成時間はかかりません。サラリーマン時代の早朝出勤深夜帰宅の頃と比べると雲泥の差です。

お仕事をしていない時間や休日は、どうやって過ごしていますか
 

日本テクノ協力会で他にも入っている方がいるのですが、日本全国の大きな木を観察するサークルに入っています。去年は茨城、徳島県、鹿児島県などに行き、今年も青森県に行く予定。写真を撮ったり、木の生命力を感じたりするのが何よりも楽しみ。県内だと1人でふらっと行ったりします。そういった時間が取れるのもこの仕事の良いところですね。

日電協に入会して良かった点、悪かった点をお聞かせください

こんな時代ですから、何よりも自分で営業活動をしなくて良い、そして点検を行った後にお客さまから代金回収をしなくてよいというのが、精神的には一番良かった事です。その代わり、担当した物件の設備が更新推奨時期を超えていたり、ちょっと気難しいお客さまにぶつかってもなかなか断れないことがあるのが、ちょっとだけ大変です。

これから入会される方へ

日本テクノはESシステムという監視装置で事故の予兆を24時間私の代わりに見てくれます。そのおかげもあり私は入会10年となりますが、今まで大きな事故は起こさずに今日まで元気にやってこれました。また、神奈川県だけでも100名以上の仲間がおり、会員同士の横のつながりもしっかりしていますので、様々な情報共有が出来るのも強みです。他の協会もたくさんありますが、私は日本テクノ協力会に入って本当に良かったと思っています。

ページトップへ
このページを閉じる