ご入会案内(電気管理技術者求人)

電気の奥深さを改めて実感。電気のプロとして、日々技術と知識を蓄えています

四国 高松グループ
松本 利雄さん

入会したきっかけを教えてください

前職は大手ショッピングセンターを中心に29年間、ビルの総合管理業務に従事。60歳で定年退職したのをきっかけに、2013年5月、日本テクノ協力会・日電協に入会しました。前職ではビル全体の修繕・管理を担当していたため、分野を問わず幅広い知識が求められましたが、入会後は、電気の奥深さを改めて実感。電気のプロとして、日々技術と知識を蓄えています。

どのようなペースでお仕事をされていますか

現在、およそ70件の事業所を担当しています。毎月、10日~2週間かけて通常の月次点検を行い、それ以外の期間や合間をみて年次点検を担当。休みの日は、主に庭木の剪定や畑の草むしりをしています。好きな草木に囲まれて過ごす時間は、良い気分転換になりますよ。

仕事で心がけていることは何ですか

点検時の見落としがないよう細心の注意を払うこと、お客様の企業活動の妨げにならないこと、この2点を強く意識しています。ヒューマンエラーを排除するため、「人間が行うことに完璧はない」という気持ちを常にもち、業務にあたっています。

お客さま対応で心がけていることは何ですか

電気管理技術者として肝に銘じているのは、お客様はもちろん、その先のお客さまへ及ぼす影響まで考えて点検を行うことです。電気は何不自由なく使えて当たり前のもので、事故が起こってしまえばすべての歯車が狂います。事業場ごとの特徴を把握しながらも、訪問するたびに状況は変わりますので、その都度しっかりと確認しています。

これから入会される方へ

個人事業主に近い自由度がありながら、日本テクノ保安部のしっかりとしたサポートがあり、そのバランスがちょうど良いです。担当する事業場の数や日々の業務スケジュールは、融通が利きますので、自分のペースにあわせて仕事を続けられます。

取材時期:2014年11月
内容更新:2019年11月

その他の会員インタビュー

 応募・募集要項 

WEBフォーム、お電話でご応募いただけます。

WEBフォーム・お電話にてご応募いただけます。

応募・募集要項はこちら